住宅ローンの一つでもあるフラット35の特徴と比較時の注意について調べてみました。

フラット35の特徴と比較時の注意点について

住宅ローンの一つでもあるフラット35の特徴と比較時の注意

銀行などの民間の金融機関と、住宅金融支援機構が共同で融資サービスを行っている住宅ローンをフラット35と言います。

このローンは長期固定金利型のローンであり、一般的にはマイホームを購入する時や注文住宅で家づくりをしたい時、土地購入資金や建て替え、増改築と言った利用使途で融資を受ける事が出来るのが特徴です。

但し、最近のフラット35は既存の住宅ローンの借り換えとして利用出来るケースも在ります。

そのため、一般的なローンと比較したい時などの候補にすることが出来ます。

因みに、長期固定ローンと言うのは固定期間が長期なると言う事であり、金利が低い固定ローンであれば変動金利を利用する場合よりも返済額を減らせる可能性も出て来ます。

変動金利の場合は情勢などに応じて変動し、現在の金利よりも上がるケースも在りますが、長期固定ローンの場合は情勢に関係なく金利が一定となるため、将来設計を行いやすいなどのメリットが在ります。


但し、フラット35には表面的に出て来ない、団体信用保険料が在る事です。

保険料は、一般的な住宅ローンであればローン金利に含まれているため、あまり意識をすることなく融資を受ける事が出来るのですが、別扱いになるため注意が必要だと言われています。

因みに、団体信用保険を金利換算した場合、年利0.3%になるため、借り換えを利用する時には表面的に見える金利だけではなく、このような金利が在る事を考えておく必要が在ります。

 

長期固定金利住宅ローンであるフラット35とは

住宅ローンにも数々の種類があります。

フラット35というのは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携してつくられた長期固定金利住宅ローンでのことです。

住宅が快適な生活を支えるためにきわめて重要であることを踏まえた、いわば準公的なしくみということができます。


このフラット35の最大の特徴は、資金を受け取る際に、すでに返済終了までの金利や返済額が確定するため、長期にわたってのライフプランが立てやすいといったことが挙げられます。

これは、将来の市場動向によってトータルでの返済額が変わってしまう、多くの民間の住宅ローンに比べると、たいへんメリットの大きなものということができます。

また、一般的には借り入れにあたって必要となる保証料もありませんし、連帯保証人を立てる必要もないというところも魅力であるといえるでしょう。


実際の金利に関しては、借り入れの期間が20年以下かそれを超えるか、および融資率が9割以下かそれを超えるかによって違いがありますが、基本的には低い水準に抑えられるため、利用しやすいものであることはまちがいありません。


このフラット35を利用するためには、いくつかの条件があります。

たとえば申し込みをした本人または親族が住むための新築住宅または中古住宅の資金に充てるものであることや、年収に占める返済額の割合が年収400万円未満で30パーセント以下、これを超える場合は35パーセント以下であるといった基準を満たしていることなどが要求されています。