住宅ローンの一つでもあるフラット35の特徴と比較時の注意について調べてみました。

フラット35の特徴と比較時の注意点について

住宅ローンアドバイザー

住宅ローンアドバイザー

住宅ローンは、金利や返済方法などが多種多様で、利用者が、最も最適な書品を選ぶことが難しくなっています。

知識を得ようと、勉強をしたとしても十分に理解できるとは限りません。

また時間がかかるので、家の購入がいつまでも出来なくなります。

ですから、住宅ローンのことを知り尽くした専門家、住宅ローンアドバイザーの出番です。

住宅ローンの説明とはいえ、金融機関ではなく利用者の立場に立ち、なにが最も返済の負担が少なく、万が一の時にも対応出来るのか、といったことに重点を置くのです。

住宅ローンアドバイザーは国家資格ではありませんから、無資格者でも名乗ることは可能です。

とはいえ、民間団体が認定する資格があるわけですから、その試験を受けずに住宅ローンアドバイザーと名乗っている人を信頼するというのは、少し無理があります。

試験の難易度は、およそ合格率7割ですから、資格試験としては平均的な難易度といえるでしょう。

一生で最も大きな買い物をするためのアドバイスを受けるのですから、後で間違えたということは許されません。

やはり、そのくらいの試験でも受け資格を取得をした人のほうが、安心して相談出来ることは間違いありません。

その際、住宅ローンだけではなく、ライフプランの設計もできるフィナンシャルプランナーの資格も持っている住宅ローンアドバイザーを探せば、より細かなところまでアドバイスを受ける事ができます。

もしも、何かの要因で経済的な状況が変われば、その時改めて相談をすればよいのです。

ローンを契約するのとは違い、アドバイスを受けることはそう難しいことではありません。

住宅ローンの借り換えや申し込み前に住宅ローンアドバイザーに相談してみるといいでしょう。